前へ
次へ

子供たちのために必要な教育ができているか

本当に、今の教育は子供たちのためになっているのかを今一度、しっかりと考える必要があるのかもしれません。
平成と言う時代は戦争がなかったとは言え、格差が広がったり世界的な日本の地位を下げたのではないでしょうか。
子供たちの教育を見直すことが必要だと言っているのと同じことと考えるべきでしょう。
ゆとり教育が反対されている中で導入されましたし、戦前の日本を否定するなど本当にこのやり方で合っていたのかを考えて、改善するべきところを改善しないと日本の地位は向上どころか下がる一方ですし、子供たちのためにもなりません。
日本人としての誇りを持つことやもっと学びたいと思えるような環境を子供たちに与えることが必要かもしれません。
日本の良いところを教えることも必要ですし、戦前の教育の良いところは踏襲した方が良いです。
どうすれば子供たちの成績をあげることができるのかを考えてカリキュラムを作りあげていけば、結果は自然とついてくるのではないでしょうか。

Page Top