前へ
次へ

幼児教育の重要性について考えること

一言で教育と言っても、広範囲に渡ります。
ここでは、その中でも特に重要度が高いと思われる、幼児教育について述べていきます。
乳幼児期は、人生の中で最も吸収力があり、様々なことを学び、心も体も急成長していく時期です。
小さい赤ちゃんの頃から、音楽を効かせたり、絵本の読み聞かせをしたり、話しかけたり、お散歩に行って外の景色を見せたりと、刺激を与えるころで脳が発達していくと言われています。
毎日何もせずに過ごすのと、たくさんの刺激を受けて過ごすのとでは、経験値が全く違いますよね。
乳幼児期にどんな環境で過ごし、どんな教育を受けてきたかで、後々の人生の大きな基礎となります。
砂遊びや遊具遊び、子供たちは毎日の小さな小さな瞬間からたくさんのことを学び取っていきます。
幼児教育において大事なことは、まずいっぱい、外に出て思いっきり体を動かして遊ぶことを基本に考えていきたいです。
体を動かすことで、頭も働き、お腹も空き、食欲にもつながります。
子供の全ての基本は、遊びです。
毎日子供たちがたくさんの遊びに触れられる環境であってほしいです。

Page Top